11月23日

そう、勤労感謝の日です(真っ先に祝日だとか思わないでください)。

a0001_016533

日頃頑張っている両親や旦那さん、奥さんにちょっとした感謝の気持ちを込めて

プレゼントを贈るのも一つの恩返しではないでしょうか?

 

「けど実際、プレゼントって何を贈ればいいのかわからない…」

 

感謝の気持ちを込めたプレゼントには失敗しない法則が存在するのです。

今回は、勤労感謝の日にピッタリなプレゼント選びの3つのポイントをお教えします

 

プレゼント選びのポイント その1

redbox

まず始めにやらなければならないことは、プレゼントを受け取る人の

趣味や嗜好をまとめることです。

甘いものが苦手な人にシュークリームを贈っても苦い顔をされてしまいます。

 

 

プレゼント選びの基本は、相手の立場に身を置くことです。独りよがりな視点から

プレゼントを贈っても、逆に相手に不快感を与えてしまいます

 

 

何も難しいことはありません。必要なものは、メモ用紙1枚と鉛筆1本だけです。

  1. メモ用紙に箇条書きで、その人の好きなもの、趣味に楽しんでいるもの、普段よく身に着けているものを書き込んでいく
  2. 5,6個ほど書き上げたら、その分野に関する商品を書き込んでいく
  3. 書いた商品の内、その人がまだ持ってそうにない、まだ楽しんだことがないものを中心にリサーチしていく

 

分かりやすく言うと、連想ゲームですね。そのひとが喜びそうなものを連想

しながらゲーム感覚で考えていくと、プレゼント選びも楽しいものになります。

 

 

プレゼント選びのポイント その2

リボンつきの箱

簡単に、すぐに手に入れられるものは選ばないことです。

といっても数万円するものや希少価値の高いものを用意するという意味では

ありません。

 

 

以前私は誕生日プレゼントをいくつか貰ったことがありますが、明らかにドンキで

すぐ買えるものや、100円ショップの文房具(ジャ○ニカ学習帳)を贈られました。

貰えるだけマシと自分に言い聞かせるのにどれだけ苦労したことか…

 

 

プレゼントはそれ自体に価値がそれほどなくても、送り主の苦労を感じられたり、貰った人がすぐ手に入らないものであれば、立派なプレゼントなのです。

 

そのため、プレゼント選びは計画をもって行いましょう。ネットで買うにしても

すぐには届きませんし、当日買うことになると妥協が見え隠れしてしまいます。

余裕をもって行動しましょう。

 

プレゼント選びのポイント その3

プレゼント2

男性と女性では美的感覚にズレがあります。

男性はシンプルな美しさ女性は華やかな美しさを好む傾向があるようです。

 

 

これは私が以前アパレルショップで働いていた経験から感じたことなのですが、

男性の多くは規則性のあるシンプルなデザインで機能性の高い商品を好む方が

多かったと感じます。

あまりゴチャゴチャした色合いや不規則な模様は男性視点からは敬遠されがち

なようです。

 

 

対して女性はさまざまな彩りや、魅力的なデザインのものを好まれていました。

シンプルな商品をお求めになった方もいましたが、それはあくまで部屋着として

だそうです。

女性へのプレゼントにはある程度の色使いの華やかさが必要なようです。

 

もちろん例外も存在します。その人が普段どんなデザインのものやファッションを

好むのかよく観察しておきましょう。

 

今回のまとめ+補足

以下に今回のポイントをまとめておきます

  1. 相手の立場になって喜ばれる商品を連想する
  2. 簡単・すぐに手に入らないものをピックアップして計画的に入手する
  3. 男性と女性の好みの違いを意識する

 

これらをしっかりと押さえておけばプレゼント選びを外すことはほぼないでしょう。

しかしそれでも不安な方には補足として提案があります。

  • ラッピング代行サービスにラッピングを依頼する
  • 感謝の手紙をプレゼントに忍ばせる

 

 

こころを込めたものならキチンと相手に伝わります。相手の喜ぶ顔を

思い浮かべながら選んであげましょう。