a0055_000843

期末試験・資格試験が近いのに全然勉強に集中できない…!!

 

やらなきゃいけないとわかってるのに、いざとなるとスマホ、ネット、音楽などの

趣味に逃げてしまう…

 

 

勉強に集中できなくて困っているあなた

 

今回は、やるだけで勉強に集中できる3つのポイントを紹介します

 

あなたが勉強に集中できないのは

あなたが勉強に集中できないのには理由があります。

  1. 勉強体力が身についていない
  2. 面倒くさくて後回しにしてしまう
  3. 余裕のないスケジュールを組んでしまう

 

多くの人はこの条件に当て嵌まり、勉強に集中できずにいるのです。

 

第一の条件:勉強体力が身についていない

a0002_000157

大量の文字や映像を眺め、それらの情報を理解し、記憶して処理するという行動

をするのには、ある程度の慣れが必要です。

例えるなら、普段運動をしていない人が5キロのランニングができるようになる

には、ある程度の体力が必要となることと同じです。

 

勉強も同じで一朝一夕でできるものではありません。日々の積み重ねによって成果

が出るものです。

 

 

まずは短時間でもいいから「勉強した」という実感を持つことから始めましょう。

その後、毎日数分ずつ勉強時間を伸ばしていくのです。

 

第二の条件:面倒くさくて後回しにしてしまう

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-GREEN_HO20140125-thumb-1000xauto-16646

「9時になったらやろう」、「このステージをクリアしたらやろう」

 

多くの人は、○○したらやろう~になったら頑張ろうと考えていますが、

この方法こそがあなたが勉強に集中できない一番の原因です。

 

 

どちらも未来の自分に期待し、今の自分に甘える考え方です。

今できるのにやらないと、いつまで経ってもやりません

 

 

できる時にやる、やれる分だけやる。

それができないなら、やらない。

 

メリハリをはっきりとすることが重要です。

 

第三の条件:余裕のないスケジュールを組んでしまう

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK86_kusoyarareta20140125-thumb-1000xauto-16709

第二の条件にあてはまらずにこの条件に当て嵌まる人もいます。

 

真面目な人の多くに見られることですが、極限まで可能なだけ勉強する

スケジュールを立ててしまった結果、首が回らなくなってしまうという事態を

招いてしまいます。

 

人間の集中力はどんなに頑張っても90分が限界です。

それ以降は集中力が低下し始め、効率が悪くなります。大学の講義が90分区切り

なのもこのためです。

 

 

無理をすれば反動が返ってきて、勉強を習慣化するのが難しくなります。

 

勉強に集中できる3つのポイント

簡単に勉強に集中するための3つのポイントを紹介します

 

①とにかく1問だけ解いてみる

どの問題でも構いません。難しく考えないでまず1問だけ解いてみましょう

 

勉強に集中できないのは、普段やらないことを急に連続的にやろうとするから

です。

けれど、目先の簡単なことなら驚くほどすんなり行えます

 

 

「自分の部屋を掃除しなさい」「足元のゴミを捨てなさい」だと後者のほうが

すんなりできますね。

 

 

 

②45×2セットで集中する

実際にやり始めると、90分は驚くほど長いです。人間は同じ作業を長時間行うと、

思考が鈍ってくるので、だらだらとやってしまうと全く効果が出ません。

 

なので、45分×2セットに分けて勉強の種類を変えましょう。

 

 

例えば、最初の45分間は英単語の暗記をしたなら、次の45分間は英文の音読をする

など、変化をつけてみるのが集中のコツです。

 

 

 

③ギャンブルをする

人間は理由づけがあってようやく集中できる生き物です。その理由づけを行う

ために、勉強の始めか終わりにギャンブルを行います。

 

 

例えば勉強終了時、今日覚えると決めた単語を完璧に書いて、意味も言えたら

お菓子を買う。

勉強開始時、適当に開いた雑誌のページにマッチョの写真が載っていたら、

疲れている今日は勉強をしない、ハズレたら潔く勉強する。

 

 

 

何事も楽しんだ者が最後に笑うものです。嫌いだ嫌だとグチをこぼす前に、

工夫して楽しんでみることを考えてみてはいかかでしょう