飲み会・ヤケ酒の次の朝、目が覚めた瞬間…

襲いかかる頭痛

押し寄せる倦怠感

 

二日酔いは多くの大学生・社会人を悩ませる問題です。

アナタは二日酔いの頭痛をすぐに治す効果的な方法を知っていますか?

 

 

今回は二日酔いの頭痛の治し方を紹介します

 

二日酔いの頭痛の種類

二日酔いによる頭痛は、複数の症状が作用しあって引き起こされています。

 

頭痛の原因となるのは、主に以下の2つが原因と考えられています。

 

 

一つは脱水症状です。アルコールには利尿作用があります。

大量のアルコールを摂取すると、アルコールはアセトアルデヒドを経由して、

最終的に二酸化炭素に分解されます。

 

201006_01

画像引用元:http://www.city.tokushima.tokushima.jp/hoken_center/kenko/201006.html

 

 

つまり、飲めば飲むほど尿となって体から水分が排出されていくのです。

これが原因で体が脱水症状を引き起こし、頭痛の原因となるのです。

 

 

もう一つはアセトアルデヒドによる中毒症状です。

人間にとってアルコールは(個人差はあるが)分解できるというだけで、

本来的には有害な物質です。

 

特に、アルコールの分解の過程で生成されるアセトアルデヒドは毒性が強く、

発がん性が確認されています。

 

分解不可能なほど大量のアルコールを摂取した場合、アセトアルデヒドが分解しきれず、

頭痛や吐き気、倦怠感などの中毒症状をもたらします。

 

 

二日酔いとは言い換えれば、アセトアルデヒドの中毒症状なのです。

 

二日酔いの治療法

二日酔いになった場合、まず真っ先に行うべきは水分補給です。

 

朝起きたら、とにかく水をたくさん飲んでください

オススメなのは、スポーツドリンクです。日持ちもするので、買えるときにまとめて

箱買いしておくと災害などの非常時にも便利です。

 

 

ただし、コーヒーやお茶はお酒と同じで利尿作用があります

過剰な摂取は避けるのがいいでしょう。

 

 

水分補給で回復するならいいのですが、多くの人はそれで解決しないでしょう。

水分補給の次は食事です。

 

「頭痛のせいで食欲なんかわかないよ…」

 

お気持ちはわかりますが、無理してでも食事は必ず摂ってください

 

 

人間は食事を摂ることで心身ともにリラックスし、消化器系の働きを活発にします。

二日酔いの治療に一番いいのはごはんを食べることなんです。

 

二日酔い効果的な食べ物

では二日酔いのときには何を食べるのがいいのでしょう?

 

まずはシジミorアサリのお味噌汁です。

a0002_008485

 

味噌にはコリン、シジミ・アサリにはタウリンが豊富に含まれています。

どちらも肝機能の回復と活性に効果を発揮します。

 

 

 

また、梅干しも二日酔い治療に効果的です。

a0002_004851

 

梅干しには疲労回復や代謝活性による消化機能の強化に効果的なクエン酸が

たくさん含まれています。

 

また、グレープフルーツなどの柑橘類にもクエン酸が豊富に含まれています。

a1530_000209

 

頭痛がひどい時にはジュースにして飲むのがオススメです。

 

 

 

つまり、二日酔いのときの食事は、梅粥と味噌汁などの

地味なごはんにすると劇的に症状が回復します。

 

二日酔いのときはぜひとも水分補給朝ごはんを実践してください。

 

しかし、それでも症状が回復しない場合は、

肝機能回復が望める健康食品や栄養ドリンクで症状の軽減を図りましょう。

 

飲み会の翌日…集中力が続かない…
翌日後悔したくない!