風邪をひいたら暖かくして寝る

風邪をひいたらネギを首に巻く

風邪をひいたら汗をいっぱいかいてポカリを飲む

 

 

などなど親世代にさんざん言われてきた『風邪をひいたら』シリーズの中に、

風邪をひいたらお風呂に入っちゃいけない

というのは聞いたことがありますか?

 

実際のところ、本当に風邪をひいたらお風呂はNGなんでしょうか?

 

今回は風邪をひいたときのお風呂について紹介していきます

 

風邪をひいたときのお風呂はNGの起源

そもそもの問題として、

なぜ風邪をひいたらお風呂に入っちゃいけないという風潮があるのでしょうか?

 

今でこそお風呂は屋内に浴室としてありますが、昭和の時代はほとんどの家に

お風呂はなく、多くの市民は銭湯に家から通うことが一般的でした。

 

a0001_002550

 

風邪をひいたのが真冬だったら、一度体を温めても

その後歩いて家まで戻らなければなりません。

 

急激な温度変化は体に大きな負担をかけます。

そのため、風邪をひいてる人が風呂から戻って悪化したと言われ始めました。

 

これが風邪をひいたらお風呂に入ってはいけないと言われる、一番有力な説です。

 

お風呂に入ることはいいことなの?

これは医師の間で意見が分かれているようですが、

基本的にはお風呂に入るべきだと言われています。

 

以前、当サイトでサウナに関する記事の中で触れましたが、

サウナのダイエット 実際に効果はあるのか!?

人間は体を温めると血行が良くなります。血行が良くなれば

まんべんなく酸素と熱を体全体に行き渡らせることができるので、

免疫力をアップさせることができます。

 

風邪をひいて熱が出るのも、脳が体を温めて免疫力を高めようとしているからなんです。

 

 

さらにお風呂に入ることは、気持ちをリラックスさせ、

疲労回復やストレス緩和により質の高い睡眠を得ることができます。

 

ですから、風邪をひいたらお風呂に入るのはむしろプラスのことなんです。

 

 

ただし、あくまで基本的にはです。

39 ℃以上の高熱の時にお風呂に入るのは、意識を失うこともあり、大変危険です。

筆者は以前、実際に意識を失い危うく溺れかけました。(汗

(物音を聞きつけた母により無事救出)

 

自分自身の体調をみて、入っても大丈夫だと確信できたら入るようにしましょう。

 

実際に入るときの注意事項

入浴するにあたっていくつか注意する点があります。

 

a1180_009187

 

  1. 湯船の温度は38~40 ℃の適切な温度設定にすること
  2. シャワーは熱めにして体を冷やさないようにすること
  3. 急に立ち上がったりすると立ちくらみしやすいので、立つ際はゆっくりした動作でおこなうこと
  4. のぼせないように早めにあがり、湯冷めしないように素早く着替えること

 

以上のことに気をつければ、お風呂はとっても有効です。

 

 

季節の変わり目は風邪をひきやすい時期でもあります。

お身体に気をつけて、お過ごしください!