コーヒーは現在に至るまで、世界中の多くの人々を魅了して止まない

芸術品と呼べるほど素晴らしいモノです。

 

実はコーヒーはただの嗜好品ではなく、私たちが抱える

日常の悩みを解決してくれる効果をもっていることをあなたは知っていますか?

 

 

今回はコーヒーのもつ驚くべき効果を紹介していきます

 

一日一杯コーヒーを飲むと…

コーヒーが体にいいという話は、あなたも聞いたことがあるでしょう。

しかし実際、コーヒーは人にどんな影響を与えるのでしょうか?

 

まず、コーヒーには日本人の三大疾病(がん、心筋梗塞、脳卒中)の予防

非常に効果的です。

 

若いと思って油断すること無かれ

 

近年のストレス社会化によって、20代での心不全の発症率が年々増加しています。

気を付けていないと大変なことになるのです。

 

image-preview

http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/heart/pamph07.html

 

上の図の中で、あてはまる項目が多い人は特に注意が必要です。

 

 

国立がんセンターの研究調査によると、一日に一杯以上のコーヒーを飲む人は、

飲まない人と比べるとがん発生率が低いというで分かっています。

 

この調査以外にもコーヒーによるがん発生率の低下は、統計学上でも認識

されています。

 

 

つまり一日一杯のコーヒーは、非常に効果的ながんの予防薬なのです。

 

コーヒー中のカフェインの効果

 

a1180_003471

 

コーヒーに含まれるカフェインには、以下の効果があるとされています。

  • 血管収縮作用により、心臓のはたらきが高まることで血行が促進される
  • 中枢神経を刺激することで、呼吸機能や運動機能が高まり行動が活発的になる
  • 覚醒作用により、脳の血行を促進することで一時的に集中力や記憶力が高まる
  • 肝機能を強化することでアルコール分解の働きを高める
  • 胃液の分泌を促進し、食物の消化を補助する
  • 利尿作用によって体内の有害物質を取り除く
  • 脳の血行を良くすることで頭痛を和らげる

などなど、上記以外にも多くの効果をもたらします。

 

基本的に体の働きを強化する効果があるので、調子が悪い時やスッキリしたいとき

などは、コーヒーブレイクを挟むのがいいでしょう。

 

 

二日酔いの頭痛も改善できますが、利尿作用には注意してください。

二日酔いの頭痛を治す方法論 頭痛なんざ消え失せい!

 

さらに、カフェインは医薬品としても利用されています。

コーヒーとはすなわち、非常にお手軽な飲み薬という側面があるのです。

 

飲み過ぎれば、急激な血圧の上昇によって吐き気や倦怠感を覚えますし、

胃液の過剰分泌によって胃が荒れてしまいますし、

利尿作用によって脱水症状を引き起こすなど、

多くの悪影響が出てしまいます。

 

 

しかし、正しい量を摂取すれば素晴らしい効果が期待できます。

一日の摂取許容量は3、4杯がいいでしょう。

 

実はこんな効果まで

コーヒーには脂肪の燃焼を促進する効果があるのではないかとされ、研究が

進められています。

つまり、ダイエット効果が期待されているのです。

 

確かにコーヒーには呼吸機能・運動機能を高め、血行を促進し、脳の働きを活発にする効果があり、さらには香りとカフェインにはリラックス効果があります。

 

ダイエットに用いるのにはうってつけです。

運動前にコーヒーを飲むことで、ダイエットの効果を高めてくれることは

間違いないでしょう。

 

 

コーヒーはインスタントでも大丈夫ですが、ドリップコーヒーのほうが

酸化していないため効果が高く、おいしい上に値段もリーズナブルです。

 



 

これを機会に、あなたもコーヒーの世界に踏み込んではいかがでしょう。

ここにしかない発見がたくさんあります