最近、夜眠れない…

 

体はくたくたなのに全然眠くならない…

 

そんな悩みを抱えるあなた、実はあなたが持っているソレが原因かもしれませんよ?

夜ぐっすり眠るには睡眠について知らなければなりません。

 

 

今回は夜ぐっすり眠るための方法を紹介します

 

眠れない原因は以外にも…

あなたは夜眠る前に何をしますか?

多くの人はパズドラ、you tube、テレビ、ネットサーフィンなどと答える

でしょう。

 

 

あなたが眠れない原因とは、スマホやパソコンなどの液晶画面を寝る前に見ている

からです。

 

スマホのバックライトに用いられているLEDライトが発するブルーライトは、朝日

の太陽光の波長に近く、人間の交感神経を興奮させます。

つまり、スマホのバックライトにはある種の覚醒作用があるのです。

 

a1180_011565

 

また、ゲームや動画など映像や光が絶えず変化する状態が続くと、眼精疲労を

引き起こし、視力が低下するばかりでなく交感神経の興奮が続くため、余計に

眠れなくなります。

 

 

また、運動不足もまた眠れない原因のひとつであると考えられます。

現代人は以前と比較して、デスクワークの増加により運動の機会が極端に減少

しました。

 

大量の情報処理に頭脳を働かせている反面、デスクワークのため体への疲労は

ほとんどありません。

 

心は疲れているのに体が疲れていないというギャップで脳がうまく休むという

命令を発せられないのです。

 

 

これ以外にもストレス、生活習慣など数えきれないほどの要素が複雑に絡んで

眠れない状態が続くのです。

 

グッスリ眠る対処法

夜グッスリ眠るために2つのポイントを押さえておきましょう。

  • 交感神経を刺激する行動を控える
  • 気持ちをリラックスさせる

 

a0960_004672

 

では具体的にはどんな方法をとるべきなのでしょうか?

 

①就寝2時間前の液晶画面の閲覧禁止

まずこれが最も大事です。

人間の交感神経は一度刺激を受けて興奮すると、しばらく緊張状態が続きます。

 

スマホを置いて、「さあ寝よう」と思ってもすぐには眠れやしないんです。

夜寝る前の動画やテレビは控えましょう

 

 

②適度な疲労感

30分ほどの軽いランニングや散歩によって体に疲労を与えましょう。

脳と体のギャップを埋め合わせ、脳が命令しやすいコンディションを作るのです。

 

 

③ホットミルクを飲む

牛乳には必須アミノ酸であるトリプトファンが含まれています。これは体内で

セロトニンという物質に変化します。

セロトニンは睡眠の質を高める効果があるため、ホットミルクは就寝前の飲み物として

最適なのです。

 

 

④音楽を聴く

音楽といっても歌入りではなく、クラシックや自然の音が入ったBGMがオススメです。

歌入りだと脳内で再生されて興奮状態になりますが、伴奏のみのBGMとなると、

気持ちを鎮静化させリラックス効果が期待できます。

 

 

実は寝不足になる逆効果なこと

  • 軽食を摂る
  • お酒を飲む

一見効果がありそうに感じられますが、胃や肝臓に負担をかけることにより、

睡眠の質が大きく下がってしまいます。

 

内臓が働くことで体がきちんと休むことが出来ず、翌朝に倦怠感に悩まされて出勤する

ハメになります。

 

 

 

睡眠は生きていくうえで欠かすことのできないものです。

きちんと体を休めることが何よりも大切なことです。